テディベアとたくさんの材料に囲まれて

大好きなテディベアの時間を過ごしましょう。

 講師まつもとようこの制作ブログはこちら




看板犬 パピヨンの

りん と るな も時々ご一緒します。 



【教室連絡】  大切なお知らせが何点かあります。  

こちらからご確認ください 7/16


2017年04月30日 11:42

【生徒さんの作品】うさぎのシュガちゃん



昨年の百貨店催事で、
偶然お立ち寄りくださって、
おうちにいるうさぎのシュガちゃんをモデルにつくることになさったTさん。

シュガちゃんのお写真をいろいろ見せていただいて、
毛の色に一番近いモヘアを探したり、
足の裏は何色だとか、
喉元は白いとか、
尻尾の裏は?
と、あれやこれやと相談して。
切り替えを考えて、

そして、完成しました。






ロップイヤーのシュガちゃん。
腕に微妙な白毛がはえているとのことで、
そこは、私が植毛しました。




もうすぐお迎えに来てもらって、
おうちに帰ったら、
本物シュガちゃんとご対面です。


テディベア作りの技法を身に付けたいということではなく、
一体作ってみたい、
あるいは、
ウェディングベアを、自分で作りたい、
など、ご希望の方は、
段階を踏まず、
お好きなサイズやアニマルから作っていただけます。
その場合は、練習というわけではないので、
その作品の完成度をあげるべく、
手厚くフォローいたします。

それで終わってもよし、
次も作りたくなってもよし、
ご要望にお応えいたします。  

Posted by ようこ@テディベア教室 │コメント(0)

2017年04月28日 16:00

【生徒さんの作品】こちらも大人気のラブリーベア


やっぱりかわいいですね!
型紙№23×ウェービーモヘア、です。

前出のNさんの作品で、
おなかに プーリーオルゴール(ひもで引くタイプ)内蔵です。
オルゴールを入れるには 少しボディが小さくて、
スタッフィングが難しくなるのですが、
ジョイントの向きを工夫して おなかの体積を増やし、
そして頑張って詰めましたね。
頑張りました!



画像では見えないのですが、
オルゴールの引き紐が後ろかられていて、
尻尾みたいに仕立てました。
いつもはベアに尻尾はつけないから、
見慣れない感じだけど、
ちょこんとついた 尻尾、かわいかったですよ。

テディベアって昔から尻尾がないんですよ。
最初につくられたシュタイフ社のベアに尻尾がなかったから
その流れをくんでいると記憶しています。
本物の熊は 小さいしっぽがありますけどね。

  

Posted by ようこ@テディベア教室 │コメント(0)

2017年04月28日 14:00

【生徒さんの作品】トラディショナルな双子ちゃん



赤とネイビーで なんだかトラディショナルな雰囲気の双子ちゃんベア。
フルタイムでお勤めされながらも たくさんベアを生み出しているNさんの作品です。

いつもとちょっと変わった色のモヘアがほしいなと、
きれい色のモヘアがそろうお店で見つけたモヘアです。
メーカーが違うと質感も変わりますが、
それぞれのメーカーで特徴のあるお色があるので楽しいですね。




ピンボケになっちゃったあれれ

紺色のモヘアのほうがボリュームが少なめで、
仕上がりが細っちょです。
このしゅっとしたところが 少年のようでかわいいですね。

赤いほうは幼さがでていて、
ふんわりしているから大きく見えるけど、
弟くん、て感じです。

続いて Nさんの作品、もう1体続きます。
  

Posted by ようこ@テディベア教室 │コメント(0)